Archive for 2月, 2014

ブランド古着の市場や査定について

ブランド品の衣類は知名度故の人気もさることながら、丁寧な縫製や品質管理手法が整えられている事の安心から、実用面での需要も高いと言えます。
一方で価格は高めの設定である事が多く、人によっては新品購入はなかなか手を出し難いケースがあるのも事実です。

しかし、トレンドや季節に合わせての買い替え需要もある事から所持品の売却需要もあり、これら様々な利害関係が一致している事で中古市場が形成されているという特徴があります。
ブランド古着として販売される中古品は店側で状態を見極めている事から、一定以上の品質のものを比較的安価で入手出来るという利点があり、中には新品価格の半額以下で購入が可能なケースもあります。

また当然ながら消費者側としては、売却目的での販売店利用も可能です。

従ってこうした店舗を利用する場合も含めてブランド衣類を購入する場合には、予め売却も視野に入れた着用を考えたいところです。
結果的に、丁寧な衣類の扱いにも繋がるからです。

そこでブランド古着売却の査定要素を考えたいのですが、まず目立つ汚れが無いかどうかが見定められます。目視出来るような汚れがある場合はやはり印象が良く無いと言えます。
ブランド古着サイトを見ていて思いますが、いくら古着とわかってても本当に汚かったりボロボロなら買いたくないですよね。

また、ステッチ抜け・破れや穴がある事もマイナス要素です。ここまで挙げたものは無いに越した事がない要素ですが、逆にあれば良いと考えられる要素もあります。
例えばブランドが定番のもの・人気のものに当たる場合には販売需要の安定が見込まれる事から、査定価格にプラスとして働く場合があります。
そう考えると、購入段階からのブランド選びに注力しておくのも、1つの戦略と言えます。

ブランド古着の通販ショップ